WiFiの疑問

タウンWiFiの評判、無料アプリの使い方、VPNの安全性について

更新日:

外出時にWiFiをよく利用する場合に便利なのが「タウンWiFi」です。

タウンWiFiはスマホやパソコンで使えるアプリなんですが、
自分が居る場所の周辺で利用可能なWiFiを探して自動的に接続してくれます。
(一部手動で接続設定が必要な場合もある)

今やタウンWiFiは、
外でWiFiを利用する際には必須と言って良いぐらいのアイテムとなっています。

ただ「タウンWiFiがどういうものかよく分かっていない」
「WiFiに自動で接続するって安全性はどうなの?」といった不安や疑問から
タウンWiFiの利用を躊躇っている人も少なからず居るはずです。

そこで、タウンWiFiはどういったものかという基本的なところから安全性や
実際にタウンWiFiを使っている人の評判などについて詳しく紹介していきましょう。

タウンWiFiってどんなアプリ?

タウンWiFiは、冒頭にも少し書いたように、
周辺で利用可能なフリーWiFiを探して自動的に接続してくれるアプリです。

周辺のフリーWiFiを探してくれるだけなら他にもアプリがありますし、
アプリを使わなくてもスマホにそういう機能が備わっています。

タウンWiFiは周辺のフリーWiFiを探してくれるだけでなく、
接続まで自動的に行ってくれるんです。

通常商業施設などに設置されているフリーWiFiを初めて利用する際には、
メールアドレスを登録してログインパスワードを設定して利用規約に同意して・・・
などといった作業が必要です。

ところがタウンWiFiを利用すると、初めて使うフリーWiFiでもそういった面倒な
作業をしなくても接続することができちゃいます。

タウンWiFiを使うとフリーWiFiの登録作業が不要になるのはなぜ?

どうしてタウンWiFiを使うとフリーWiFiに自動接続できるのか簡単に言うと、
アプリがユーザーの代わりに登録作業を行ってくれるからなんです。

タウンWiFiの使い方については後述しますが、
タウンWiFiアプリをダウンロードしたらまず生年月日などを登録することになります。

またユーザーには分かりませんが、タウンWiFiアプリに登録するとユーザーごとに
メールアドレスが割り当てられることになっているんだとか。

このタウンWiFiが割り当てたメールアドレスと登録されたユーザーの情報を使って、
アプリが自動的にフリーWiFiの登録作業を行っています。

ですから本来ユーザーが行うべきメールアドレス登録などをタウンWiFiが代わりに
行ってくれるので、ユーザーは自動的にフリーWiFiが利用できるわけです。

タウンWiFiはフリーWiFiじゃない

タウンWiFiは、あくまで商業施設などに設置されているフリーWiFiを探して自動的に
接続するアプリです。

ですからタウンWiFi自体にWiFiの機能は無く、
周辺にフリーWiFiが無ければWiFiを利用することはできません。

スマホにタウンWiFiを入れておけば常にWiFiに接続できるというわけではないので、
勘違いしないようにしましょう。

タウンWiFiの使い方

タウンWiFiを使うには、
まずスマホやパソコンにタウンWiFiアプリをダウンロードしないといけません。

AppStoreやGooglePlayでダウンロードできますし、
タウンWiFiの公式サイト(https://townwifi.jp/)でもダウンロード可能です。
(Windows版はこちら(https://windowsapp.tokyo/app/988737164/wifi-wifi)で)

インストールが完了したらアプリを起動して初期設定を行っていきます。

タウンWiFiアプリを起動するとまず「位置情報取得の許可」が求められるので、
画面下部の「位置情報取得の設定」を押します。

「位置情報の利用を許可しますか?」と確認画面が出たら「許可する」もしくは
「App使用中は許可」を選びます。

次は「通知の設定」で、
フリーWiFi接続時にスマホやパソコンに通知が来るようにするかどうかを設定します。

フリーWiFiに接続したことの通知が来るだけなので不要なOFFにしても構いませんが、
タウンWiFiを使っているとWiFiに接続したことが分かりにくいので
ONにしておいた方が良いですよ。

フリーWiFiに自動的に接続するように設定する

通知の設定で初期設定は終了ですが、このままだと周辺のフリーWiFiを
探してはくれますが自動的に接続まではしてくれません。

なのでフリーWiFiに自動的に接続するための設定を施さないといけません。

まずiPhoneの場合は、初期設定を施したタウンWiFiアプリを起動して
「WiFiに自動接続」から「追加可能」へ進みます。

利用可能なフリーWiFiの一覧が表示されるので、
自動接続したいフリーWiFiを選び「このWiFiに自動接続」にチェックを入れます。

ユーザー登録画面が現れるので、性別を選択して生年月日を入力、
画面下部の「登録」ボタンをタップします。

次に「インストール」の画面が表示されたら「自動接続設定をインストール」をタップ、
「プロファイルをインストール」の画面が出たら「インストール」をタップします。

パスコードの入力が求められたらiPhoneのロック解除番号を入力して、
再度「インストール」をタップします。

「インストール完了」の画面が現れたら「完了」ボタンをタップし、
さらに「アプリを開いて設定を完了する」をタップしてタウンWiFiアプリの画面に戻ります。

「自動接続設定のインストールは完了しましたか?」という確認画面が現れたら
「はい」をタップして「おめでとうございます!~」の画面が表示されると設定完了です。

AndroidスマホでタウンWiFiの自動接続設定

Androidスマホの場合は、初期設定を施してアプリを起動させると利用可能な
フリーWiFiが自動的に検出されます。

フリーWiFiの一覧が表示されたら、
画面下部にある「自動接続をはじめる」をタップします。

「接続情報を入力」という画面が現れたら、
性別を選択して生年月日を入力して「次へ」をタップします。

次の「快適にネットを利用するために」の画面で「次へ」をタップすると、
「接続リクエスト」の画面が表示されるので「OK」をタップ、
「おめでとうございます」の画面に切り替わったら自動接続設定完了です。

iPhoneでもAndroidスマホでもタウンWiFiの自動接続設定をしておけば、
あとはフリーWiFiが使える場所に行くだけでスマホが自動的にWiFiに接続されます。

自動接続設定をカスタマイズすることも可能

フリーWiFiが使える場所だからと言って、
何でもかんでも自動的にWiFiに接続されると困る場合もありますよね。

タウンWiFiアプリでは、自動接続設定のカスタマイズもできるようになっています。

「WiFiアシスト」で「自動接続するWiFiを追加する」を選び、WiFiを「どこで使うか」
「どんなときに使うか」を選択すると利用可能なフリーWiFi一覧が表示されます。

一覧から利用したいフリーWiFiだけを選んで「プロファイルを作成する」をタップすれば、
自動接続するフリーWiFiを厳選することができます。

ちなみに、
タウンWiFiアプリの自動接続設定はON・OFFを切り替えられるようになっています。

なのでいかなるフリーWiFiに自動的に接続されたくない場合は、
アプリの自動接続設定をOFFにしておくと良いですよ。

タウンWiFiは自宅のWiFiには自動接続してくれない

自宅の近くにコンビニなどフリーWiFiが設置されている場所があると、
そのフリーWiFiの電波を自宅でキャッチできる場合があります。

この場合、スマホにタウンWiFiアプリをインストールしていれば、
スマホのそのフリーWiFiに自動的に接続します。

ただ初期設定では通信速度の遅いWiFiに接続しないように設定されているので、
自宅でキャッチできるフリーWiFiの電波が弱いと自動的に接続されない可能性も
あります。

またタウンWiFiはあくまでフリーWiFiに自動的に接続するためのアプリですから、
自宅のWiFiには自動的に接続してくれません。

タウンWiFiは安全に使えるの?

タウンWiFiを使うことで自動的にフリーWiFiに接続できるのは便利なんですが、
何でもかんでも接続してしまうとなると安全性の面に不安が出てきますよね。

コンビニなどで無料で提供されているWiFiの多くには
セキュリティがかかっていませんから、
スマホが自動的にフリーWiFiに接続されるのって結構危険です。

セキュリティのかかっていないWiFiを使って通信した内容は暗号化されませんから、
万が一第三者に通信を見られた場合に内容が筒抜けになってしまいます。

暗号化されていない通信を見られることで、SNSのログイン情報、
通販サイトに登録している住所やクレジットカード番号を盗まれてしまう恐れがあります。

また場合によってはセキュリティのかかっていないWiFiを通してスマホにウィルスを
送り込まれて、スマホが悪意ある第三者に乗っ取られてしまうなんてこともあるんですね。

他人の通信内容を覗いたり、WiFiを通してウィルスを送り込んだりするには、
かなり高度な通信関連の知識が必要です。

しかし自分がセキュリティのかかっていないフリーWiFiを使っている時に、
周辺に高度な通信関連の知識を持った人が居ないとも限りません。

ですから自動的にフリーWiFiに接続されるのは便利なんですが、
通信内容を覗かれたりウィルスを送り込まれる危険性に晒されることにもなるんですね。

タウンWiFiを安全に使うならVPN接続を活用する

タウンWiFiを安心して使いたいのであれば、「VPN接続」を活用しましょう。

タウンWiFiでは、セキュリティのかかっているフリーWiFiだけ自動的に接続するように
設定することも可能です。

しかしセキュリティのかかっているフリーWiFiはそれほど多くないので、
この方法だとタウンWiFiの自動接続機能が生かせません。

そこでVPN接続を活用して、セキュリティのかかっていないフリーWiFiを
使った場合でも通信内容が第三者に筒抜けにならないようにするんです。

VPNは「Virtual Private Network」の略で、ごくごく簡単に言うと、
インターネット上に仮想の自分専用回線を設定して通信することです。

VPN接続を利用することで、通信内容を暗号化したり、
第三者から見られないように仮想のトンネルの中を通したりすることができます。

なのでセキュリティのかかっていないフリーWiFiを利用する場合でも、
VPN接続を利用すれば通信内容を第三者に覗かれる危険性がグッと低くなるわけです。

タウンWiFiの無料VPNアプリ「WiFiプロテクト」

タウンWiFiと同じ会社が「WiFiプロテクト」という無料のVPNアプリを出しています。

VPN接続って結構高度な技術だったりするので、高性能なものは有料で、
無料のVPNアプリって使えないものが多いんですよね。

しかしTwitterでWiFiプロテクトを検索してみると
 

 

 


など好意的な意見が多かったですね。

WiFiプロテクトは無料のVPNアプリとしては、比較的使えると言って良いですね。

WiFiプロテクトには「使えない」という意見も多い

WiFiプロテクトは無料のVPNアプリとしては比較的好評ですが、
やはり「使えない」という意見も少なからずあります。

AppStoreでの評価(https://apps.apple.com/jp/app/wifi%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%88/id1302803544#see-all/reviews) を見ると、
好意的な意見に交じって否定的な意見も少なからず見られます。

例えば、フリーWiFi接続時に自動的にVPN接続に切り替わるように設定しているのに、
フリーWiFiに接続してもVPN接続に切り替わらず、手動で切り替えざるをえないと
いった意見がありました。

またセキュリティのかかっている自宅のWiFiを利用している時にWiFiプロテクトが
作動して、VPN接続に切り替えてしまうといった意見もあります。

さらに動画サイトが利用できなくなったとか、
Google検索ができなくなったといった意見も少なからず見られました。
(VPNをOFFにしたら正常に使えるようになった)

VPN接続を利用することで通信速度が遅くなるという声もありますし、
サーバーエラーが多くて使いたいときに使えないなんて意見もありましたね。

WiFiプロテクトを使っても100%安全ではない

タウンWiFiにWiFiプロテクトを組み合わせることで、
フリーWiFiでの通信が多少は安全になります。

ただWiFiプロテクトは無料のVPNアプリですから、
VPN接続が使えると言っても100%安全とは言えません。

ですからWiFiプロテクトを使っているからと言って安心せずに、
フリーWiFiに接続する際は個人が特定されないような使い方をするようにしましょう。

より安全にフリーWiFiを使いたいのであれば、
無料のWiFiプロテクトではなく有料のVPN接続サービスを使った方が良いですよ。

タウンWiFiの評判ってどうなの?

TwitterでタウンWiFiについて検索したところ、
好意的な意見も多い反面否定的な意見も少なからず見られます。

好意的な意見としては
 

 

 


などで、タウンWiFiを使ったおかげでスマホの通信量が節約できたという意見が
多く見られました。

否定的な意見は
 

 

 


などで、タウンWiFiを使うことで使いたいWiFiに接続できなかったり、
使いたい機能が使えなくなるといったことがあるんですね。

否定的な意見も多く見られるものの、全体的には好意的な意見が多く、
タウンWiFiが便利だと感じている人が多いですね。

タウンWiFiアプリをアンインストールしても自動接続設定は生きている!?

ポケットWiFiを使うなどしてフリーWiFiを使う機会が無くなると、
スマホからタウンWiFiアプリを削除することになります。

しかし他のアプリと同じように普通にタウンWiFiアプリをアンインストールしただけでは、
アプリをアンインストールした後もフリーWiFiに自動接続してしまうんです。

iPhoneの場合は、プロファイルをiPhoneにインストールすることでフリーWiFiへの
自動接続が可能となっています。

Androidスマホの場合は、フリーWiFiに限らず一度接続したWiFiには
次回以降自動的に接続する機能が備わっています。

ですからタウンWiFiアプリをアンインストールするだけでなく、iPhoneならプロファイル、
AndroidスマホならフリーWiFiの接続情報も削除しないといけないんですね。

iPhoneのプロファイルを削除する

タウンWiFiアプリによってインストールされたiPhoneのプロファイルを削除するには、
まず「設定」→「一般」→「プロファイル」へと進みます。

自動接続設定のプロファイル一覧が表示されるので、
自動接続したくないフリーWiFiのプロファイルを選択します。

画面下部の「プロファイルを削除」ボタンをタップ、iPhoneのパスコードを入力して、
さらに「削除」をタップすればプロファイルが削除されます。

一度削除したプロファイルはタウンWiFiアプリから設定し直さないと
復活させられないので、本当に不要なプロファイルのみ削除するようにしましょう。

AndroidスマホのフリーWiFi接続情報を削除

AndroidスマホのフリーWiFi接続情報を削除するには、
「設定」→「ネットワークとインターネット」→「Wi-Fi」へ進みます。
(機種によって「」内の表現が違う場合がある)

利用可能なWiFi一覧が表示されたら画面下部の「保存済みネットワーク」を選び、
スマホに保存されている接続情報一覧を表示します。

画面下部に「保存済みネットワーク」が無ければ、
画面右上の縦に点が3つ並んだメニューボタンを押します。

表示されたメニューの中に「保存済みネットワーク」があればそれをタップ、無ければ
「詳細設定」もしくは「Wi-Fi詳細」をタップして、その先にある「保存済みネットワーク」
もしくは「ネットワークを管理」を選ぶと接続情報一覧が表示されます。

一覧から不要なフリーWiFiの接続情報を選択して「削除」をタップすれば、
接続情報は削除されて次回以降は自動的にフリーWiFiに接続されなくなります。

タウンWiFiはどんな会社が運営している?

いくらタウンWiFiが便利でも、
ちゃんとした会社が運営していないと不安で使えないという人も多いですよね。

タウンWiFiは「GMOタウンWiFi株式会社」という会社が運営しています。

社名に「GMO」が入っていることからも分かるように、
大手総合インターネットグループである「GMOグループ」の一員なんですね。

ちなみにタウンWiFi以外にGMOグループが提供している主なサービスとしては
 ・GMOとくとくBB(光回線などのプロバイダ)
 ・GMOクリック証券
 ・GMOあおぞらネット銀行
 ・お名前.com(ドメインの公式登録サービス)
などがあります。

元々はタウンWiFiは独立した会社でしたが、
2019年11月にGMOグループの傘下に入っています。

タウンWiFiがGMOグループに入った背景

タウンWiFiは2016年5月にアプリをリリースしてから3年余りで600万ダウンロードを
記録し、月間利用者数も約300万人となっています。

また2018年には電通や国際航業と提携してマーケティングツールを開発するなど、
順調に成長を続けてきました。

ただタウンWiFiの荻田剛大社長は、このままユーザー数を増やすだけでは事業は
頭打ちになるので、事業が好調な内に投資を行い一気にユーザー数を増やそうと
考えます。

そのための資金調達方法として、
IPO(新規株式公開)とともに大手企業の傘下入りも検討していたんだとか。

業務提携先を探しているときにGMOグループを紹介され、
タウンWiFiの「通信をバリアフリーに」とGMOグループの
「すべての人にインターネット」という考え方の近さに共感を覚えます。

その後荻田社長からGMOグループに積極的なプレゼンが行われ、
最終的にM&Aという形でタウンWiFiはGMOグループの傘下に入ることとなりました。

ですからタウンWiFiは、ユーザー数を増やすための資金調達とGMOグループの
サービスを利用する人にタウンWiFiを知ってもらうという宣伝効果を狙って
GMOグループ入りしたんですね。

タウンWiFiは便利、でも注意も必要

スマホに入れておくだけでフリーWiFiに自動的に接続してくれるタウンWiFiアプリは、
外出時にWiFiを使う人にとっては非常に便利です。

ただフリーWiFiにはセキュリティがかかっていないものも多く、タウンWiFiを
使っていることでスマホひいては自分自身を危険に晒すことにもなりかねません。

ですからタウンWiFiを利用する場合は、
 ・個人が特定できるような通信はしない
 ・WiFiプロテクトなどで自己防衛する
といったことが重要になりますよ。

-WiFiの疑問

Copyright© ネット回線を審査なしで契約 , 2020 All Rights Reserved.