WiFiの疑問

iPhoneが自動的にWiFiに繋がってうざい

投稿日:

最近はコンビニにカフェ、ショッピングモール、駅など色んな所に誰でも使える
「公衆WiFi」が設置されています。

スマホが通信制限を受けている時など、公衆WiFiが頼りになるケースも多いですが、
公衆WiFiの存在がうざいと感じるときも少なくないんですよね。

コンビニやカフェで休憩中にスマホを使おうと思ったら、
コンビニやカフェの公衆WiFiに自動的に接続されていることってありませんか?

公衆WiFiに自動的に接続されるだけなら良いんですが、
ログインしないとインターネットが使えなかったりするのでちょっとうざいんですね。

そこでコンビニやカフェなど公衆WiFiが設置されている場所で
iPhoneを使っている時に、自動的に公衆WiFiに接続されないようにする方法を
紹介しましょう。

iPhoneが自動的に公衆WiFiに接続されないようにするには

iPhoneに限らずAndroidスマホでもそうなんですが、
1度利用した公衆WiFiのネットワーク情報はスマホ本体に登録されます。

そしてスマホ本体に情報が登録されている公衆WiFiの電波をスマホがキャッチすると、
自動的に接続するようになっているんですね。

少し話は逸れますが、1度も利用したことが無くネットワーク情報が登録されていない
公衆WiFiの電波をiPhoneがキャッチすると、「ワイヤレスネットワークを選択」という
アラートが現れます。

これはこれでうざいので、使ったことがない公衆WiFiの電波をキャッチしても
アラートが現れないようにする方法も後で紹介しますよ。

話を本題に戻して、iPhoneに公衆WiFiのネットワーク情報が登録されているから
自動的に接続されるんだったら、iPhoneからネットワーク情報を削除してしまえば
自動的に接続されなくなります。

iPhoneに登録されている公衆WiFiのネットワーク情報を削除する方法

公衆WiFiのネットワーク情報を削除するなんて言うと大袈裟に聞こえますが、
実際にはそれほど難しい作業ではありません。

まず公衆WiFiに接続されている状態で、iPhoneの「設定」を開き「Wi-Fi」の項目を
見ると接続されている公衆WiFiのネットワーク名が表示されています。

その公衆WiFiのネットワーク名をタップして詳細情報を開き、
「このネットワーク設定を削除」のボタンを押します。

「削除しますか?」と確認画面が表示されるので「削除」をタップすれば、
公衆WiFiとの接続が切断されて公衆WiFiのネットワーク情報が削除されます。

ただし削除できるのは接続している公衆WiFiのネットワーク情報だけで、
その時に接続していない公衆WiFiのネットワーク情報は削除できません。

なので自動的に接続したくない公衆WiFiが複数ある場合は、自動的に接続したくない
公衆WiFiの電波をキャッチするたびにネットワーク情報の削除を行うことになります。

iPhoneの自動接続設定をOFFにする

自動的に接続したくない公衆WiFiが1つだけなら、
先のネットワーク情報の削除で十分に対応できます。

しかし複数ある場合は、
iPhoneの自動接続設定をOFFにする方法の方が手軽でオススメです。

iPhoneではWiFiごとに自動接続設定のON・OFFが切り替えられるようになっており、
特定のWiFiだけ自動的に接続しないように設定することができるんです。

iPhoneの「設定」から「Wi-Fi」を選んで利用可能なWiFi一覧を表示させます。

一覧の中から自動的に接続したくない公衆WiFiのネットワーク名を探し、
そのネットワーク名の右側の「i」マークをタップして詳細設定画面を開きます。

詳細設定画面内の「自動接続」のタブをOFFに切り替えておけば、
その公衆WiFiには自動的に接続されなくなります。

自動接続設定の変更はWiFiに接続していなくてもできるので、
自動的に接続してうざい公衆WiFiが複数ある場合は手軽ですよ。

iPhoneのWiFi機能をOFFにする

iPhoneが公衆WiFiに自動的に接続されないようにするには、
外出時にiPhoneのWiFi機能をOFFにするという方法もあります。

やり方としては、先のネットワーク情報の削除や自動接続設定の変更よりも簡単です。

iPhoneの画面下部から上に向かってスワイプしてコントロールメニューを開き、
扇形のWiFiアイコンをタップしてグレーアウトさせるだけです。

WiFi機能をOFFにするとWiFi接続ができなくなるので、
外出時に公衆WiFiの電波をキャッチしても自動的に接続されることはなくなります。

後述する、使ったことが無い公衆WiFiの電波をキャッチした際のアラートを
表示させない方法としてもWiFi機能のOFFは有効です。
(公衆WiFiの電波をキャッチしなくなる)

WiFi機能をOFFにするのはあまりオススメできない

iPhoneが公衆WiFiに自動的に繋がらないようにするには
 ・ネットワーク情報の削除
 ・自動接続設定の変更
 ・WiFi機能をOFF
の3つの方法があります。

ただ3つ目のWiFi機能をOFFにする方法は、自宅や職場、学校などで
WiFiを使う場合にはあまりオススメできません。

iPhoneのWiFi機能をOFFにするとWiFi自体が使えなくなりますから、
自宅や職場などのWiFiの電波もキャッチしなくなってしまいます。

なので自宅や職場などでWiFiを利用している場合には、外出時はOFF、
自宅や職場などに居る時はONといったようにその都度WiFi機能のON・OFFを
切り替えないといけないんですね。

慣れれば良いんですが、慣れるまでは外出時にOFFにし忘れたり
、帰宅時などにONにし忘れたりといったことが起こりがちです。

iPhoneの通信量を節約するのに自宅や職場などでWiFiを使っているのに、
iPhoneのWiFi機能をONにし忘れては意味が無いですよね。

なので自宅などでWiFiを使っている場合は、公衆WiFiに自動的に接続しないように
するのにiPhoneでWiFi機能をOFFにするのはオススメできないんですね。

自動的に接続されなくなった公衆WiFiを使いたくなったら

自動的に接続されるとうざいものの、
iPhoneが通信制限を受けている時など公衆WiFiが使いたい時もあります。

ネットワーク情報を削除したり、自動接続設定を変更したりしたからと言って、
二度のその公衆WiFiが使えなくなるわけではありません。

コンビニやカフェなど公衆WiFiの電波がキャッチできる場所に来たら、
iPhoneの「設定」から「Wi-Fi」に進んで利用可能なWiFi一覧を表示させます。

一覧の中から電波をキャッチしている公衆WiFiのネットワーク名を探してタップすれば
OKです。

後は専用アプリやブラウザの専用ページで公衆WiFiのサービスにログインすれば、
インターネットが使えます。

ただし公衆WiFiによっては、
ネットワーク名をタップした後にパスワードの入力が必要となる場合もあります。

1度公衆WiFiを利用すると次回以降また自動的に接続されるようになることも

ネットワーク情報を削除することでiPhoneが公衆WiFiに自動的に
接続されないようにしている場合は、公衆WiFiの利用後に注意が必要です。

公衆WiFiの利用後そのままにしておくと、
次回以降その時に使った公衆WiFiに自動的に接続されるようになります。

公衆WiFiを利用したことで削除したネットワーク情報が再びiPhoneに登録され、
次回以降はまた自動的に接続されるようになってしまうわけです。

なので公衆WiFiを利用した後には、再度「設定」→「Wi-Fi」からネットワークの
詳細情報へ進みネットワーク情報の削除をしないといけないんですね。

ちなみに自動接続設定をOFFにする方法では、
公衆WiFiを利用しても自動接続設定がONに切り替わることはなく、
次回以降も自動的に接続されないままです。

「ワイヤレスネットワークを選択」のアラートを表示させないようにするには

iPhoneでは、1度も使ったことが無い公衆WiFiには自動的に接続されませんが、
電波をキャッチすると「ワイヤレスネットワークを選択」というアラートが表示されます。

公衆WiFiを使いたい時には便利な機能なんですが、
使う必要が無い時にはその都度「キャンセル」を押さないのでうざいんですよね。

また間違って公衆WiFiのネットワーク名をタップしてしまい、
使う気も無い公衆WiFiに繋がってしまうのも危険だったりします。
(なぜ危険かは後述します)

そこでiPhoneが使ったことが無い公衆WiFiの電波をキャッチした時に、
「ワイヤレスネットワークを選択」のアラートを表示させない方法を紹介します。

「設定」から「接続の確認」をOFFにするだけ

iPhoneの「設定」から「Wi-Fi」へ進んで利用可能なWiFi一覧が表示されたら、
その下にある「接続を確認」のタブをOFFに切り替えます。

これだけで、使ったことが無い公衆WiFiの電波をiPhoneがキャッチしても
「ワイヤレスネットワークを選択」のアラートが表示されなくなりますよ。

「ワイヤレスネットワークを選択」のアラートが表示されないだけで、
使ったことが無い公衆WiFiに接続できないわけじゃありません。

使ったことが無い公衆WiFiが使える場所で、iPhoneの「設定」から「Wi-Fi」へ進み、
利用可能なWiFi一覧からその場所で使える公衆WiFiのネットワーク名をタップすれば
接続できます。
(公衆WiFiによっては接続にパスワードが必要な場合もある)

また「ワイヤレスネットワークを選択」のアラートを表示させなくなるだけで、
使ったことのある公衆WiFiへの自動接続がOFFになることもありません。

公衆WiFiを使うのは危険!?

iPhoneが通信制限を受けている時や使える通信量が残り少ない時などは
公衆WiFiに助けられることも多いですが、公衆WiFiの利用には少なからず
危険なことがあるんです。

コンビニやカフェなどに設置されている無料で誰でも使える公衆WiFiに多いんですが、
セキュリティ対策が全く施されていないものもあります。

セキュリティ対策が施されていない公衆WiFiでインターネットを使うと、
同じ公衆WiFiを使っている第三者に見られてしまう恐れがあるんですね。

通信内容が見られると個人情報が抜き取られる危険性があり、
最悪の場合にはクレジットカード情報が盗まれて悪用されてしまいます。

さらに公衆WiFiを通じてiPhoneに侵入されて、遠隔操作できるアプリを勝手に
iPhoneにインストールされてしまうなんてことも考えられます。

知らない内にセキュリティ対策が施されていない公衆WiFiに接続してしまうことが
あるので、iPhoneが自動的に公衆WiFiに接続しないようにしておいた方が
良いんですね。

セキュリティ対策が施されていないと個人情報が盗まれるのはなぜ?

自宅のWiFiや公衆WiFiでもセキュリティ対策がしっかり施されているもので
インターネットを使った場合には、通信内容が暗号化されます。

ですから万が一第三者に通信を見られたとしても、
詳しい内容まで知られる心配が無いんです。

ところがセキュリティ対策が施されていない公衆WiFiでインターネットを使うと、
通信内容が暗号化されません。

なので第三者に通信を見られると、詳しい内容まで知られてしまうわけです。

セキュリティ対策が施されていない公衆WiFiを使ってSNSにログインすると、
IDやパスワードといったログイン情報はもちろん、
SNSに登録している個人情報まで第三者に見られてしまいます。

ネットショッピングなんてしようものなら、
クレジットカードの番号やセキュリティコードまで流出してしまうことになります。

iPhoneが乗っ取られる危険性も

セキュリティ対策が施されていない公衆WiFiを利用することで、
個人情報が盗まれるだけでなく、iPhoneが乗っ取られる危険性もあります。

悪意ある第三者が同じ公衆WiFiを通じて自分のiPhoneに侵入して、
遠隔操作できるアプリを勝手にインストールするといったこともできてしまいます。

いくらセキュリティ対策が施されていない公衆WiFiだからと言って、
誰でも個人情報が盗めたり、他人のiPhoneに侵入できたりするわけじゃありません。

しかしある程度高度な通信技術に関する知識を持っている人ならできますし、
そういった人が自分と同じ時に同じ公衆WiFiを使っていることも十分に考えられます。

なのでセキュリティ対策が施されていない公衆WiFiを利用するのは危険なんですね。

セキュリティ対策が施されているか否かを見分けるには

公衆WiFiにセキュリティ対策が施されているかいないかを見分けるポイントは
 ・パスワード
 ・WiFiアイコンの鍵マーク
の2つです。

まず「パスワード」ですが、接続する際にパスワードが必要な公衆WiFiは
セキュリティ対策が施されている可能性が高いです。

詳しい説明は省きますが、セキュリティ対策が施されているWiFiで暗号化された
通信内容を元に戻すのにパスワードが必要です。

と言うことは、接続の際にパスワードが必要な公衆WiFiでは、
通信は暗号化されることになります。

なので接続時にパスワードが必要な公衆WiFiは、
セキュリティ対策が施されていることが分かるんですね。

WiFiアイコンに鍵マークが付いていればセキュリティ対策が施されている

次にWiFiアイコンの鍵マークですが、iPhoneの「設定」→「Wi-Fi」で利用可能な
WiFi一覧を表示させると、ネットワーク名と「i」マークの間に扇形のWiFiアイコンが
表示されます。

そのWiFiアイコンの横に南京錠のような鍵マークが表示されていれば、
そのWiFiはセキュリティ対策が施されていることになります。
(自宅のWiFiには鍵マークが付いているはず)

セキュリティ対策が施されていない公衆WiFiだと、
WiFiアイコンの横に鍵マークは表示されません。

ですから公衆WiFiを利用する際には、
WiFiアイコンの横に鍵マークが付いているかどうかをチェックした方が良いんですね。

セキュリティ対策にも程度があるので、
WiFiアイコンに鍵マークが付いているからと言って絶対安全とは言えません。

しかし鍵マークが付いていない公衆WiFiよりは安全ですから、
できれば鍵マークが付いている公衆WiFiを利用するようにしましょう。

公衆WiFiを利用する際はインターネットの使い方に要注意

セキュリティ対策が施されている施されていないに関わらず、
公衆WiFiを利用する際にはインターネットの使い方に注意しないといけませんよ。

IDやパスワードが盗まれる危険性があるので、SNSなどログインが必要なアプリや
サイトは公衆WiFi接続時には利用しない方が良いです。

クレジットカード番号が流出する恐れがありますから、
ネットショッピングなんてもってのほかですよ。

さらに「私信」であるLINEやメール、その他個人が特定できるような使い方は
公衆WiFi接続時には避けましょう。

周辺の飲食店を検索するなどのちょっとした調べ物や
ニュースサイトを見るといった程度の使い方であれば、
セキュリティ対策が施されていない公衆WiFiでも問題無いですね。

-WiFiの疑問

Copyright© ネット回線を審査なしで契約 , 2020 All Rights Reserved.