WiFiの疑問

ローソンのWiFiに勝手に接続されるのがうざい

投稿日:

コンビニの「ローソン」では、
「LAWSON Free Wi-Fi」という無料の公衆WiFiが使えるようになっています。
(設置されていない店舗もある)

このローソンの無料WiFiを1度でも利用すると、
次回以降はローソンに近づくだけで自動的にLAWSON Free Wi-Fiに接続されます。

そのままインターネットが使えるなら自動的に接続されても別に良いんですが、
その都度ログインしないとインターネットが使えないのがちょっと面倒なんですよね。

コンビニにWiFiがあって助かることがあるものの、
自動的に接続されるとうざいと感じることもあったりします。

そこで、ローソンの店内に入ったり近づいたりしただけで、
スマホがローソンのWiFiに自動的に接続しないようにする方法を紹介しましょう。

スマホに登録されているローソンのWiFiのネットワーク情報を削除

スマホに限らずタブレットやノートパソコンでもそうですが、過去に利用したことがある
WiFiの電波をキャッチすると自動的に接続されるようになっています。

1度でもWiFiを利用するとそのWiFiのネットワーク情報が本体に登録され、
本体にネットワーク情報が登録されているWiFiの電波をキャッチすると
自動的に接続される設定になっているからです。

帰宅するとスマホが自動的に自宅のWiFiに接続されるのも、
ローソンに近づくとローソンのWiFiに自動的に接続されるのも同じ仕組みなんですね。

ですから、スマホ本体に登録されているローソンのWiFiのネットワーク情報を
削除すれば、ローソンに近づいても自動的にWiFiに接続されることは無くなります。

iPhoneでローソンのWiFiのネットワーク情報を削除するには

iPhoneとAndroidスマホでは少しやり方が違うので、
まずはiPhoneでのやり方から説明します。

iPhoneがローソンのWiFiに接続している時に、iPhoneの「設定」を開くと
「Wi-Fi」のところに「LAWSON_Free_Wi-Fi」と表示されています。

その「LAWSON_Free_Wi-Fi」をタップして詳細情報を表示させて、
「このネットワーク設定を削除」のボタンをタップします。

「削除しますか?」という確認画面が出たら「削除」をタップ、
ローソンのWiFiのネットワーク情報が削除できます。

スマホ本体にネットワーク情報が登録されていないWiFiには自動的に接続しないので、
これでローソンに近づいてもローソンのWiFiに自動的に接続されなくなります。

AndroidスマホでローソンのWiFiのネットワーク情報を削除

次にAndroidスマホですが、iPhoneと同じで、
まずはローソンのWiFiに繋がっている状態でスマホの「設定」画面を開きます。

「ネットワークとインターネット」→「Wi-Fi」へ進むと、利用可能なWiFi一覧の一番上に
「接続済み」になっている「LAWSON_Free_Wi-Fi」が表示されています。

そのLAWSON_Free_Wi-Fiをタップして詳細情報から「削除」を押すか、
LAWSON_Free_Wi-Fiを長押ししてメニュー画面を開き「ネットワークを削除」を押します。

これでスマホに登録されていたローソンのWiFiのネットワーク情報が削除されるので、
次回以降はローソンに近づいても自動的にWiFiに繋がることはありません。

iPhoneでもAndroidスマホでも、
接続しているWiFiのネットワーク情報しか削除することができません。

ですからローソンのWiFiのネットワーク情報を削除する場合は、
必ずローソンのWiFiの電波がキャッチできる場所で作業しましょう。

ちなみにAndroidスマホはiPhoneと違って色々なメーカーから発売されており、
機種によって多少仕様が違っています。

ですから使っているスマホによっては、
「」内の文言が先の説明とは違っている場合があるので気を付けてください。
(「ネットワークとインターネット」が「無線とネットワーク」だったりする)

WiFiの自動接続設定をOFFにする方法

ローソンのWiFiに自動的に接続されないようにするのに、
もう1つWiFiの自動接続設定をOFFにしておくという方法もあります。

詳しくは後述しますが、今後ローソンのWiFiを利用する機会がある場合は、
先のネットワーク情報を削除する方法よりもWiFiの自動接続設定を変更する方が
便利です。

iPhoneでは個別に自動接続設定のON/OFFが切り替えられ、
Androidスマホでは個別に切り替えることもできますし、
全てのWiFiを一括で自動接続しないようにすることもできます。
(Androidスマホの機種によっては一括設定しかできない場合もある)

iPhoneでWiFiの自動接続設定を変更する

まずはiPhoneでWiFiの自動接続設定を変更する方法ですが、
「設定」から「Wi-Fi」へ進んで利用可能なWiFi一覧を表示させます。

一覧の中から「LAWSON_Free_Wi-Fi」を探し、
LAWSON_Free_Wi-Fiの右にある「i」マークをタップします。

そうするとLAWSON_Free_Wi-Fiの詳細設定画面が表示されるので、
「自動接続」の項目がONになっていたらOFFに切り替えます。

これでローソンのWiFiの自動接続設定がOFFとなり、
ローソンに近づいても自動的にローソンのWiFiに接続されなくなります。

他のWiFiも同じように自動接続設定をOFFにしておけば、
電波をキャッチしても自動的に接続しないようにできますよ。

AndroidスマホでWiFiの自動接続設定を変更する

Androidスマホでは個別設定と一括設定ができますが、
機種によっては個別設定ができない場合もあるので、一括設定から説明します。

「設定」から「ネットワークとインターネット」→「Wi-Fi」へ進んで利用可能なWiFi一覧を
表示させます。

一覧の下にある、もしくは画面右上の点が縦に3つ並んだメニューボタンを
押すと現れる「Wi-Fi設定」をタップします。

Wi-Fi設定の「オープンネットワークに接続する」のタブをOFFに切り替えれば、
ローソンのWiFiを含めた全てのWiFiに自動的に接続しないようになります。

ただし、この設定で自動的に接続しないようになるのは、
コンビニやカフェなどに設置されている公衆WiFiだけです。

自宅で使っているWiFiの自動接続設定はOFFにならないので、
これまで通り自宅のWiFiには自動的に接続されますよ。

ちなみにWi-Fi設定の中の「オープンネットワークの通知」のタブをONにしておくと、
自動接続はしないけど、利用可能なWiFiの電波をキャッチすると通知してくれます。

WiFiごとに個別に自動接続設定を変更する

Androidスマホの機種によっては、
WiFiごとに個別に自動接続設定を変更することができるようになっています。

2通りのやり方があり、1つは「設定」から「ネットワークとインターネット」→
「Wi-Fi」→「Wi-Fi設定」へ進み、「詳細設定」をタップします。

利用可能なWiFi一覧が表示され、
それぞれのWiFiの右側に自動接続のONとOFFを切り替えるタブが付いています。

LAWSON_Free_Wi-FiのタブをOFFにしておけば、
今後ローソンに近づいても自動的にWiFiに接続されなくなります。

もう1つのやり方は、「設定」→「ネットワークとインターネット」→「Wi-Fi」へ進んで
利用可能なWiFi一覧を表示させます。

一覧の中のLAWSON_Free_Wi-Fiを長押しするとメニュー画面が開くので、
メニュー画面内にある「自動接続」をタップしてチェックを外せば自動接続設定が
OFFになります。

どちらの方法でもできるというわけではなく、AndroidOSのバージョンによって
どちらかの1つの方法でしか自動接続設定の変更はできません。

外出時にスマホのWiFi機能をOFFにする

外出時に使うのはスマホの回線だけで、ローソンなどコンビニやカフェのWiFiは
使わないというのであれば、外出時にスマホのWiFi機能をOFFにする方法もあります。

iPhoneなら画面下部から上に向かって、Androidスマホなら画面上部から下に向かって
スワイプするとコントロールメニューが現れます。

メニュー内にある扇形のWiFiアイコンをタップしてグレーアウトさせることで
スマホのWiFi機能がOFFとなり、一切WiFi接続ができなくなります。

外出時にスマホのWiFi機能をOFFにしておけば一切WiFi接続できませんから、
ローソンに近づいても自動的にWiFiに接続される心配が無いというわけです。

ただしWiFi機能がOFFのままだと自宅のWiFiにも接続できないので、
在宅時などWiFiを使いたい時にはWiFi機能をONに切り替えないといけませんよ。

ローソンのWiFiへの自動接続を防ぐのに、WiFi機能OFFはオススメできない

ローソンのWiFiに自動的に接続しないために、
スマホのWiFi機能をOFFにするのはあまりオススメできません。

WiFiを使いたくない時はOFF、WiFiを使いたい時にはONと
その都度ON・OFFを切り替えるのはちょっと面倒ですよね。

WiFiを使いたくない時にOFFにし忘れるのはまだ良いですが、WiFiを使いたいのに
WiFi機能をONにし忘れるとスマホが通信制限を受ける恐れも出てきてしまいます。

帰宅してスマホのWiFi機能をONにし忘れたまま動画を見ると、
すぐに通信量を使い切ってしまってスマホが通信制限を受けてしまうというわけです。

WiFi機能の切り替えに慣れればこういうミスは無くなりますが、
慣れるまで常にスマホが通信制限を受けるリスクを抱えることになります。

なのでWiFi機能の切り替えではなく、先に紹介したネットワーク情報の削除や
自動接続設定の変更で対応する方が良いですよ。

ローソンのWiFiが使いたくなったら

自動接続されるとうざいローソンのWiFiですが、
スマホが通信制限を受けているなど使いたくなる時もあるかもしれません。

ネットワーク情報を削除していても、
自動接続設定を変更していても、ローソンのWiFiを使うことはできます。

ローソンのWiFiを使う方法はiPhone・Androidスマホ共通で、
ローソンのWiFiの電波がキャッチできる場所で「設定」から「Wi-Fi」へ進んで
利用可能なWiFi一覧を表示させます。

一覧の中の「LAWSON_Free_Wi-Fi」をタップして、iPhoneならLAWSON_Free_Wi-Fiの
左にチェックが入れば、Androidスマホは「接続済み」と表示されれば接続完了です。

後はsafariやGoogleなどのブラウザを起動させると自動的にローソンのWiFiの
ログイン画面が表示されるので、画面の指示に従って「インターネットに接続する」、
利用規約に「同意する」をタップすればインターネットが使えるようになります。

初めてローソンのWiFiを利用する場合には、
WiFi接続後にメールアドレスの登録が必要です。

ローソンのWiFiを使い終わったら再度ネットワーク情報を削除しておく

1度ローソンのWiFiに接続すると、
また自動的にローソンのWiFiに接続されるようになってしまうことがあります。

ローソンのWiFiのネットワーク情報を削除していた場合は、ローソンのWiFiに
接続することでスマホにローソンのWiFiのネットワーク情報が登録されます。

そうするとまたローソンに近づくたびに、
自動的にローソンのWiFiに接続するようになってしまいます。

なのでローソンのWiFiを使い終わった後には、
再度ローソンのWiFiのネットワーク情報を削除しておかないといけないんですね。

ちなみに自動接続設定を変更している場合は、
ローソンのWiFiに接続しても自動接続設定はOFFのままなので、
今後もローソンのWiFiに自動的に接続されることはありません。

できればローソンのWiFiは使わない方が良い?

時と場合によってはローソンのWiFiが頼もしい存在になることもありますが、
できるだけローソンのWiFiは使わない方が良いです。

ローソンのWiFiにはセキュリティ対策が施されておらず、ローソンのWiFiを使って
通信した内容が第三者に盗み見られる可能性があるんですね。

単に盗み見られるだけでなく、個人情報を盗まれたり、
最悪の場合はスマホ自体が乗っ取られる恐れもあります。

いわゆる公衆WiFiでもセキュリティ対策がしっかり施されている場合がありますが、
ローソンのWiFiのようにセキュリティ対策が施されていないものも少なくありません。
(セブンイレブンやファミリーマートのWiFiもセキュリティ対策が施されていない)

セキュリティ対策が施されていないWiFiを使わない方が良いのはなぜ?

セキュリティ対策が施されている自宅のWiFiでインターネットを使うと、
その通信内容は全て暗号化されます。

なので万が一第三者に通信を見られたとしても、内容まで知られる心配がありません。

ところがローソンのWiFiのようにセキュリティ対策が施されていないWiFiで
インターネットを使うと、通信内容が暗号化されません。

暗号化されていない通信を第三者に見られると、
当然通信内容まで全て知られることになってしまいます。

SNSにログインすればIDとパスワードも丸見えですし、クレジットカードを使って
ネットショッピングなんてしようものならクレジットカード番号まで見られてしまいます。

高度な通信技術の知識を持った人にかかると、WiFiを通してスマホに侵入して、
遠隔操作できるアプリをインストールするなんてこともできてしまうんですね。

このようにセキュリティ対策が施されていないWiFiを使うと、
個人情報が盗まれたりスマホ自体が乗っ取られてしまう危険性があるわけです。

セキュリティ対策が施されているかどうか簡単に見分けられる

WiFiにセキュリティ対策が施されているかどうか見分けるのは簡単です。

スマホの設定から利用可能なWiFi一覧を表示させると、WiFiアイコンのところに
南京錠のような鍵マークが付いているものと付いていないものがあるはずです。

鍵マークが付いているものはセキュリティ対策が施されており、
鍵マークが付いていないものはセキュリティ対策が施されていません。

自宅で使っているWiFiのアイコンには鍵マークが付いていますが、
ローソンのWiFiのアイコンには鍵マークが付いていないですよね。

これは自宅のWiFiにはセキュリティ対策が施されており、
ローソンのWiFiにはセキュリティ対策が施されていないことを表しています。

このようにセキュリティ対策が施されているかどうかは簡単に見分けられるので、
鍵マークが付いていないWiFiは極力使わないようにしましょう。

公衆WiFiは簡単な調べ物程度にしか使わない

セキュリティ対策が施されいるかどうかに関わらず、
外出先でWiFiを使う場合は簡単な調べ物をする程度にしておいた方が良いですね。

特にローソンのWiFiなどセキュリティ対策が施されていない公衆WiFiでは、
SNSなどログインが必要なアプリやサイトは使っちゃいけませんよ。

ログインに必要なIDやパスワードはもちろん、
アプリやサイトに登録している個人情報まで盗まれる恐れがあります。

クレジットカード番号に名前や自宅の住所まで入力するネットショッピングなんて、
公衆WiFi利用時には絶対にしないでください。

その他にもLINEのメッセージやメールのやり取りなど、
個人が特定できるような通信は公衆WiFi利用時には避けた方が良いですね。

セキュリティ対策が施されていない公衆WiFiは極力使わない、
使うとしても簡単な調べ物だけと心掛けておきましょう。

-WiFiの疑問

Copyright© ネット回線を審査なしで契約 , 2020 All Rights Reserved.