WiFiの疑問

ファミマに近づくとWiFiに繋がるのがうざい

投稿日:

コンビニのファミリーマートで買い物をしている時に、
ちょっと調べ物をしようとスマホを見たら「ファミマWiFi」の登録ページが表示されてて
インターネットが使えなくなっていることってありませんか?

ポケットWiFiを使わなくてもスマホの通信量が節約できるので、
コンビニなどで使える公衆WiFiはありがたい存在です。

しかし「今は別に使いたくない」という時でも勝手に接続されてしまうと、
ちょっとうざいと感じちゃうんですよね。

そこでファミマで買い物する時やファミマの近くを通った時に、
自動的にファミマのWiFiに繋がらないようにする方法を紹介しましょう。

ファミマWiFiの接続を切断してスマホの回線を使う方法

まずは、ファミマに買い物に行って接続してしまったファミマWiFiを切断して、
スマホの回線が使えるようにする方法を紹介します。

使っているスマホがiPhoneかAndroidスマホかでやり方は違いますが、
特に難しくはありませんよ。

iPhoneの場合、ファミマWiFiに接続している状態で「設定」を開き
「Wi-Fi」の項目を見ると「Famima_Wi-Fi」と表示されています。

そのFamima_Wi-Fiをタップして画面が切り替わったら、
画面上部の「このネットワークを削除」をタップします。

「削除しますか?」という確認画面が表示されるので「削除」をタップすれば、
Famima_Wi-Fiの接続が切れてスマホの回線に繋がります。

Androidの場合

Androidスマホの場合も、ファミマWiFiに繋がっている時に「設定」を開いて
「ネットワークとインターネット」→「Wi-Fi」へと進みます。

そうすると画面の一番上に「接続済み」になっている「Famima_Wi-Fi」が表示されます。

そのFamima_Wi-Fiの項目を選んで「削除」をタップするか、
Famima_Wi-Fiを長押しして「ネットワークを削除」を選ぶとFamima_Wi-Fiとの
接続が切断されてスマホの回線が使えるようになります。

iPhoneでもAndroidスマホでもFamima_Wi-Fiのネットワークを削除しておけば、
今後ファミマに買い物に行ったり近づいたりしても勝手にファミマWiFiに繋がることは
ありませんよ。

ただし、ファミマWiFiのネットワークを削除するには一旦ファミマWiFiに
接続しなければなりません。

なのでファミマの店内などファミマWiFiが使える場所に行かないと、
この方法は使えません。

ファミマWiFiに自動接続しないようにスマホの設定を変更する

ファミマWiFiへの自動接続を防ぐのに、
先のネットワークを削除する方法とは別に、スマホの設定を変更する方法もあります。

iPhoneでもAndroidスマホでも、過去に一度でも接続したWiFiは本体に登録されます。

しかも初期設定では、本体に登録されているWiFiの電波をキャッチすると
自動的に接続するようになっています。

なので一度でもファミマWiFiを使ったことがあると、
ファミマの近くを通っただけでファミマWiFiに接続してしまうんですね。

そこで、スマホ本体に登録されているWiFiの電波をキャッチしても
勝手に接続しないようにスマホの設定を変更しておくというわけです。

iPhoneでWiFiへの自動接続設定を変更するには

iPhoneでは個別に自動接続の設定が変更できるので、
ファミマWiFiなど特定のWiFiだけ自動的に接続しないようにすることができます。

まず「設定」から「Wi-Fi」へ進み、利用可能なWiFi一覧を表示させます。

この利用可能WiFi一覧の中にFamima_Wi-Fiが無い場合は、
面倒ですがファミマWiFiが使える場所まで移動してください。

WiFi一覧にFamima_Wi-Fiを見つけたら、
その右側にある「i」のマークをタップして詳細情報を表示させます。

画面上部にある「自動接続」のタブをOFFに切り替えておけば、
今後ファミマに行ってもファミマWiFiに勝手に接続されなくなります。

AndroidスマホでWiFiへの自動接続設定を変更する

Androidスマホでは、iPhoneと同じようにWiFiごとに自動接続設定を変更することも
できますし、全ての公衆WiFiに自動接続しないように一括で設定することも可能です。

まず一括で全ての公衆WiFiに自動接続しないようにする方法ですが、
「設定」から「ネットワークとインターネット」→「Wi-Fi」へと進みます。

利用可能なWiFi一覧の下にある「Wi-Fi設定」を開き、
「オープンネットワークに接続する」のタブをOFFに切り替えればOKです。

この際に「オープンネットワークの通知」のタブをONにしておくと、
自動的に接続はされないけど本体に登録されている公衆WiFiの電波を
キャッチしたことを知らせてくれます。

これで、ファミマWiFiを含めて本体に登録されている全ての公衆WiFiに自動的に
接続しないようになります。

この設定で自動的に接続しないのは公衆WiFiだけで、
自宅のWiFiには自動的に接続されますよ。

Androidスマホで特定のWiFiに自動接続しないようにするには

次に、ファミマWiFiなど特定のWiFiに自動的に接続しないようにする設定について
説明します。

ただAndroidのバージョンによって設定方法が違うので、
ここでは「Android9」と「Android8」でのやり方を紹介します。

まずAndroid9の場合は、先の一括設定と同じで、
「設定」→「ネットワークとインターネット」→「Wi-Fi」→「Wi-Fi設定」へ進みます。

「Wi-Fi設定」の画面まで来たら、「オープンネットワークの通知」の下にある
「詳細設定」から「自動接続」をタップします。

そうすると利用可能なWiFi一覧が表示され、それぞれのWiFiの右にON/OFFを
切り替えるタブがあるので、Famima_Wi-FiのタブをOFFに切り替えます。

次にAndroid8の場合ですが、「設定」→「ネットワークとインターネット」→「Wi-Fi」へと
進み、利用可能なWiFi一覧を表示させます。

一覧の中のFamima_Wi-Fiを長押しするとメニューが表示されるので、
一番下にある「自動接続」のチェックを外します。

これで、
ファミマの店舗に行っても自動的にファミマWiFiに接続されることは無くなりますよ。

Androidスマホの機種によっては一括設定しかできないことも

先に紹介した、
全ての公衆WiFiに自動接続しないようにする一括設定はAndroidの機能です。

しかし後で紹介したWiFiごとの自動接続の設定はAndroidの機能ではなく、
機種の機能となっています。

ですから一括設定の方はAndroidスマホならどの機種でもできますが、
個別設定の方はAndroidスマホの機種によってはできないこともあります。

ソニーのXperiaシリーズでは個別設定が可能ですが、エントリーモデルと言われる
本体価格の比較的安い機種だとできない可能性が高いですね。

外出時にスマホのWiFi機能をOFFにする方法もある

ファミマWiFiのネットワークを削除したり、ファミマWiFiに自動接続しないように
設定変更したりしなくても、外出時にスマホのWiFi機能をOFFにするだけでも
ファミマWiFiを含めた全てのWiFiに自動的に繋がらなくなります。

iPhoneなら画面下部から上にスワイプ、
Androidスマホは逆に画面上部から下にスワイプしてコントロールパネルを開きます。

その中の扇型のWiFiアイコンをタップしてOFFにすれば、
ファミマWiFiはもちろん自宅のWiFiも含めて全てのWiFiに繋がらなくなります。

ネットワークの削除や自動接続設定の変更よりはるかに簡単ですから、外出時には
WiFi機能をOFF、自宅に帰ってきたらONに切り替えるようにすれば良いわけです。

WiFi機能の切り替えは忘れがちなのでオススメできない

ただ慣れるまでは、外出時もONのままになっていたり、
自宅に帰ってきたのにONに切り替えるを忘れたりしがちです。

外出時にONのままになっていると、
ファミマの店舗ではファミマWiFiに勝手に接続されてしまいます。

ファミマWiFiに勝手に接続されるのはまだ良いですが、帰宅時にONにするのを
忘れているとスマホが通信制限を受けてしまう恐れもあります。

WiFiがOFFのままなのにONになっていると勘違いして動画を見たりゲームを
することで、スマホの通信量を使いすぎて制限を受けてしまうというわけです。

慣れればこういったミスも無くなりますが、
慣れるまでに何度もスマホが通信制限を受けるのはちょっと厳しいですよね。

多少面倒ですがリスクの少ないネットワークの削除や自動接続設定の変更の方が良く、
WiFi機能の切り替えはあまりオススメできません。

自動的に接続されなくなったファミマWiFiに再度接続するにはどうすれば良い?

自動的にされるのもうざいですが、
ファミマWiFiを使いたいときに使えないとこれまたうざいですよね。

ネットワークの削除や自動接続設定の変更で、自動的に接続されなくなった
ファミマWiFiに接続するにはどうすれば良いんでしょうか?

これはiPhoneでもAndroidスマホでも同じで、
ファミマWiFiが利用できる場所に来たら、「設定」から「Wi-Fi」へ進みます。

利用可能なWiFi一覧が表示されたら、
「Famima_Wi-Fi」をタップしてブラウザからログインすればファミマWiFiに繋がります。

ただしネットワークの削除で自動接続しないようにしている場合は、
再度ファミマWiFiのネットワークを削除しないと、
次回以降はまた自動的にファミマWiFiに繋がるようになってしまいます。

自動接続設定を変更している場合は、次回以降も先の手順で接続しない限りは、
自動的にファミマWiFiに繋がることはありません。

ファミマWiFiに限らず公衆WiFiには自動接続しない方が良い?

繋がらなくて良い時にファミマWiFiに繋がるのでうざいということですが、
ファミマWiFiに限らず公衆WiFiに自動的に接続しないようにしておく方が良いです。

公衆WiFiの中には、セキュリティ対策が全く施されていないものがあります。

そういったセキュリティ対策が施されていない公衆WiFiに接続してしまうと、
スマホが乗っ取られたり個人情報が盗まれたりする危険性があるんですね。

実はファミマWiFiもセキュリティ対策が施されていませんから、
自動的に接続されるのはあまり望ましくありません。

ファミマWiFiにセキュリティ対策が施されていないのは利用者への配慮?

ファミマWiFiにセキュリティ対策が施されていないのは、ファミマを利用するお客さんが
誰でも簡単にファミマWiFiを利用できるようにという配慮からです。

通信を暗号化するなどセキュリティ対策を施すには、
WiFiに接続する際にパスワードを入力しないといけません。

初めてWiFiを利用する場合にはパスワードの発行手続きを行う必要があるので、
利用者からするとWiFi利用に面倒臭さを感じてしまいます。

ファミマWiFiは、セキュリティ対策が施されていない代わりに、初めて利用する際に
パスワードの発行手続きが不要で手軽に利用できるというメリットがあるんですね。
(セキュリティ対策が施されていないデメリットの方が大きいですが・・・)

セキュリティ対策が施されていない公衆WiFiはなぜ危険?

ファミマWiFiなどセキュリティ対策が施されていない公衆WiFiを使うと、
通信内容が暗号化されません。

ですから、
同じファミマWiFiを使っている人に自分の通信内容が丸見えになってしまうわけです。

同じWiFiを使っている人の通信内容を覗き見るにはそれなりの通信関連の知識が
必要で、誰でも簡単にできるわけではありません。

しかしそれなりの通信関連の知識を持っている人なら、
セキュリティ対策が施されていない公衆WiFiを使っている人の通信内容を
簡単に覗き見ることができるってことです。

さらに高度になると、WiFiを遡って他人のスマホに侵入して勝手に遠隔操作アプリを
インストールしたりといったこともできちゃいます。

ここまで来ると個人情報が盗まれるだけでは済まず、
スマホ自体が乗っ取られてしまいます。

もちろんセキュリティ対策が施されていない公衆WiFiを使ったら即スマホが
乗っ取られるわけじゃありませんが、そういう危険性もあるということなんですね。

WiFiにセキュリティ対策が施されているかどうかを見分けるには

公衆WiFiにセキュリティ対策が施されているか否かは
 ・最初の接続時にパスワード入力が必要かどうか
 ・公衆WiFiのアイコンに鍵マークが付いているかどうか
で見分けることができます。

まず初めて接続する際にパスワードの入力が必要無い公衆WiFiは、
ほぼセキュリティ対策が施されていないと思って間違いありません。

詳しい説明は省きますが、
通信を暗号化したり暗号化された通信内容を復元するにはパスワードが必要なんです。

そのパスワードの入力が不要ということは、
その公衆WiFiでは通信が暗号化されないということが分かるんですね。

もう1つの鍵マークですが、スマホで利用可能なWiFi一覧を見ると、
ネットワーク名の右側のWiFiアイコンに南京錠のような鍵マークが付いているものと
付いていないものがあるはずです。

鍵マークが付いているWiFiはセキュリティ対策が施されたもので、
鍵マークが付いていないWiFiにはセキュリティ対策が施されていません。

ですから公衆WiFiを初めて利用する際には、パスワードの発行とともに
WiFiに鍵マークが付いているかどうかも確認しておきましょう。

公衆WiFiではIDやパスワードを入力するサイト・アプリは使わない

セキュリティ対策が施されていない公衆WiFiを使ったからと言って、
すぐにスマホが危険にさらされるわけではありません。

Googleで気になったことをちょっと検索するとかニュースなどを見るといった程度で
あれば、セキュリティ対策が施されていない公衆WiFiでも大丈夫です。

しかしSNSのようにIDやパスワードを入力してログインするサイトやアプリを使うと、
そのログイン情報が盗まれる危険性があります。

ネットショッピングでクレジットカード番号を入力するなんて、もってのほかですよ。

セキュリティ対策が施されているいないに関わらず、公衆WiFiを利用する場合は、
 ・ログインが必要なサイトやアプリ
 ・クレジットカード番号を入力するネットショッピング
 ・LINEやメールなど個人が特定できるような通信
などは絶対にしてはいけませんよ。

-WiFiの疑問

Copyright© ネット回線を審査なしで契約 , 2020 All Rights Reserved.