ポケットWiFiの支払方法

限界突破WiFiはデビットカードで申し込める?

更新日:

演歌歌手としてのイメージが強い氷川きよしさんが、
ビジュアル系に扮して歌った「限界突破×サバイバー」が大きな話題となりました。

その氷川きよしさんをイメージキャラクターとして起用し、
2019年10月にサービスを開始したのが「限界突破WiFi」です。

新しいサービスだけに、限界突破WiFiのサービス内容については
あまり知られていない部分も少なくありません。

そこで今回は限界突破WiFiの支払方法、
中でもデビットカードが使えるのかどうかについて詳しく見ていきましょう。

限界突破WiFiでデビットカードは使える?使えない?

まず限界突破WiFiでデビットカードが使えるかどうかですが、
結論から言うと限界突破WiFiではデビットカードは使えません。

限界突破WiFiを提供している「X-mobile」という会社の
公式サイトのサポートページにある「よくあるご質問」の中に
「デビットカードは利用できますか?」という質問があります。

その質問に対する回答が「申し訳ございません。ご利用いただけません。」
となっています。

このデビットカードが使えないというのは、限界突破WiFiに限ったことなのか
X-mobileのサービスに全体のことなのかははっきり分かりません。

ただ特段注釈なども付いていないので、限界突破WiFiを含めたX-mobileの
サービス全般でデビットカードは使えないと考えられます。

限界突破WiFiでデビットカードが使える可能性がある!?

Twitterで限界突破WiFiについて検索していると
 


といった投稿を見つけました。

Twitterを見る限りでは、この投稿者は実際に支払方法をデビットカードにして
限界突破WiFiを利用しているような感じですよね。

ただ他にも限界突破WiFiについて解説しているサイトやTwitterも見ましたが、
デビットカードが使えるとしているのは先の投稿1件だけでした。

この投稿者が限界突破WiFiで、
実際にデビットカードを使っているどうかは分かりません。

しかし公式サイトに利用できないと記載されている以上は、
限界突破WiFiではデビットカードは利用できないと考えておいた方が良いですよ。

限界突破WiFiにデビットカードを使って申し込むのは規約違反?

公式サイトに利用できないと記載されていても、実際にはデビットカードで
限界突破WiFiが申し込めてしまう可能性はゼロではありません。

デビットカードもクレジットカードもカード番号は16桁で、
限界突破WiFi申し込み時のクレジットカード番号を入力する欄に
デビットカード番号を入力すると通ってしまうことがあるかもしれないんですね。

ただデビットカードを使って限界突破WiFiに申し込んだ場合には、
利用規約違反と見なされる恐れもあります。

限界突破WiFiの利用規約第16条第1項の2に、「本サービスに関する申込みに
ついて、申込み内容が事実に反することが判明したとき」には限界突破WiFiの
サービス利用を停止することがあると書かれています。

クレジットカード番号を入力すべきところでデビットカード番号を入力しているわけ
ですから、申し込み内容が事実に反すると見なされる恐れは十分にあります。

ですから限界突破WiFiでデビットカードが使える可能性はゼロではないものの、
利用規約違反になる恐れがあるので使わない方が賢明ですよ。

限界突破WiFiでデビットカードはなぜ使えない?

限界突破WiFiがデビットカードに対応していない理由として考えられるのは、
「手間」と「コスト」の問題です。

まずデビットカードでの支払いに対応するためには、
デビットカードを発行している会社や金融機関との間にデビットカード支払いに関する
システムを構築しないといけません。

現状デビットカードでポケットWiFiの料金を払うことは一般的ではないので、
デビットカード支払いに関するシステムを構築するには手間もお金もかかってしまいます。

さらにデビットカードで万が一料金滞納が発生した場合には、
限界突破WiFi側が直接ユーザーに対して料金支払いの督促を行うことになります。

督促を行う担当スタッフを置かないといけませんし、督促状や請求書を作って送るのにも手間とお金がかかります。

限界突破WiFiは極力コストを削減することで、
安い料金でポケットWiFiサービスを提供しています。

ですから、導入するのに手間とコストのかかるデビットカードでの支払いには
対応していないと考えられるわけです。

デビットカードって何?クレジットカードとは違うの?

限界突破WiFiでデビットカードが使えないことを説明しましたが、
そもそも「デビットカードって何?」と思っている人も多少は居るはずです。

買い物などで代金を支払う時に、カードだけキャッシュレスで決済できるという点は
デビットカードもクレジットカードも同じです。

ただクレジットカードが後払いなのに対して、
デビットカードは即時払いであるという違いがあります。

例えばクレジットカードを使って1,000円の買い物をすると、
1~2か月後にクレジットカード会社から1,000円の請求が来ます。

カード利用者は買い物をしたお店ではなく、
クレジットカード会社に買い物の代金1,000円を支払うことになります。

対してデビットカードで1,000円の買い物をすると、
その場でデビットカードに紐づいている金融機関口座から1,000円が引き落とされます。

ですからデビットカードを使った場合には、カード利用者は買い物をしたお店に
直接買い物の代金1,000円を払うことになるんですね。

デビットカードは口座の残高分しか使えない

デビットカードとクレジットカードのもう1つの違いとして、
デビットカードは使い過ぎる心配が無いということです。

クレジットカードには利用限度額があり、財布や口座に入っている金額とは関係無く、
利用限度額まで使うことができます。

例えば口座に10,000円しか入っていなくても、
クレジットカードを使うと15,000円の買い物ができてしまいます。

対してデビットカードは使ったその場で口座から引き落とされますから、
口座の残高の範囲内でしか使うことができません。

口座に10,000円しか入っていないなら10,000円までしか使えず、
15,000円の買い物をすることはできないわけです。

ですからデビットカードは、クレジットカードのように自分の支払い能力を越えて
使うことはできないので、使い過ぎる心配が無いんですね。

月額料金支払いに使えるデビットカードもある

デビットカードは1回払いが原則で分割払いやリボ払いはできず、一般的にはスマホや
ポケットWiFiなどの月額料金料金支払いには使えないとされています。

しかし最近では、
スマホなどの月額料金支払いに対応したデビットカードも登場してきています。

月額料金支払いに使えることを公式サイトでアピールしている
 ・ジャパンネット銀行デビットカード
 ・楽天銀行デビットカード(JCB)
に加えて
 ・三菱UFJ-VISAデビット
 ・セブン銀行デビットカード
 ・住信SBIネット銀行デビットカード
 ・ソニー銀行デビットカード
なども月額料金支払いに対応しています。

これらのデビットカードは、
公共料金や大手携帯キャリアのスマホ料金の支払いにも使えます。

今後デビットカードでの月額料金支払いが一般的になれば、
限界突破WiFiでもデビットカードが使えるようになる可能性がありますね。

デビットカードで料金が支払えるポケットWiFiはほとんど無い

デビットカードが使えないのは限界突破WiFiに限ったことではなく、
ポケットWiFiサービス全体に言えることです。

現状ポケットWiFiの料金をデビットカードで支払えるのは、
ドコモ・au・ソフトバンクの大手携帯キャリアぐらいしかありません。

ポケットWiFiサービスの最大手であるWiMAXの各プロバイダや、
日本のポケットWiFiのパイオニア的存在であるワイモバイルでもデビットカードは
使えなくなっています。

また限界突破WiFiと同じように大手携帯キャリアの回線が通信量無制限で使える
 ・どんなときもWiFi
 ・FujiWiFi
などもデビットカードで料金を支払うことはできません。

先にも書いたように、今後デビットカードが広く使われるようになれば、
ポケットWiFiの料金をデビットカードで支払えるようになるかもしれません。

しかし現状では、ポケットWiFiの料金をデビットカードで支払うことはできないと
思っておいた方が良いですよ。

限界突破WiFiの支払方法はクレジットカードのみ

限界突破WiFiの料金支払方法は、クレジットカードのみとなっています。

デビットカードはもちろん、
口座振替や請求書払いに限界突破WiFiは対応していないんですね。

ちなみに限界突破WiFiで使えるクレジットカードは
 ・VISA
 ・MasterCard
 ・JCB
 ・Diners
 ・AmericanExpress(AMEX)
の5種類です。

ポケットWiFiサービスで支払方法がクレジットカードに限定されていることは、
決して珍しくありません。

WiMAXには約20社のプロバイダがありますが、
その中で口座振替にも対応しているの3社のみで、
それ以外は支払方法がクレジットカードに限定されています。

店舗での申し込みであれば口座振替も可能だが・・・

限界突破WiFiの運営しているX-mobileは全国に80の店舗を展開しており、
その店舗でも限界突破WiFiの申し込みができるようになっています。

公式サイトからの申し込みでは支払方法はクレジットカードのみですが、
店舗で申し込む場合はクレジットカードの他に口座振替も選ぶことができます。

ですからクレジットカードを持っていない使いたくない場合は、
X-mobileの店舗で限界突破WiFiを申し込みましょう・・・と言いたいところですが、
ハッキリ言ってオススメできません。

X-mobileの店舗で限界突破WiFiを申し込むこと自体は良いんですが、
支払方法を口座振替にすることがオススメできないんです。

店舗で支払方法を口座振替にして限界突破WiFiを申し込むと、
手数料として20,000円を請求されてしまいます。

20,000円も払ってまで支払方法を口座振替にするメリットはありませんから、
限界突破WiFiを店舗で申し込むにしても支払方法は口座振替にしない方が
良いんですね。

限界突破WiFiの契約期間は変則的

限界突破WiFiでは「最初は2年契約、3年目以降は1年契約」と契約期間が
少し変則的になっています。

利用開始から24か月間の最低利用期間が設けられており、
その間に解約すると18,000円の違約金が発生します。

24か月の最低利用期間を満了すると、
3か月間の更新月を挟んで1年契約に移行することになります。

最低利用期間満了後の1年契約中に解約した場合の違約金は5,000円です。

限界突破WiFiの端末は買取

限界突破WiFiでは、端末代は0円ですが、
ユーザーが端末を買い取る形になっています。

なので限界突破WiFiを解約する際には、端末を返却しなくてもOKです。

限界突破WiFiと同じように、安い料金で大手携帯キャリア回線が通信量無制限で
使えるポケットWiFiでは端末がレンタルになっている場合も少なくありません。

実際にどんなときもWiFiやFujiWiFiは端末がレンタルで、
解約時には端末を返却しないと高額な機器損害金が発生してしまいます。

その点限界突破WiFiは端末が買取ですから、解約時に端末返却の手間がかからず、
機器損害金を請求させる心配が無いのはメリットですね。

限界突破WiFiの申し込みはもう少し様子を見た方が良い?

限界突破WiFiは2019年10月に開始されたばかりのサービスで、
ネット上に限界突破WiFiに関する十分な情報が出てきていません。

ハッキリしているのは料金支払いにデビットカードが使えないということぐらいで、
通信速度や通信の安定性、対応エリアの広さなど確定的でない部分も多くなっています。

なので現状では、限界突破WiFiの使い勝手の良し悪しは判断できません。

これからポケットWiFiを利用するのであれば、
とりあえずFujiWiFiなど契約期間の縛りが無いものを使っておき、限界突破WiFiに
関する十分な情報が出てきてから乗り換えを検討するのが良いですね。

-ポケットWiFiの支払方法

Copyright© ネット回線を審査なしで契約 , 2020 All Rights Reserved.