ポケットWiFiの支払方法

どんなときもWiFiでデビットカードは使える?

更新日:

スーパーなどの店舗やAmazonなどの通販サイトで買い物をする時に、
代金支払いに「デビットカード」を使っている人も少なからず居ます。

日常的にデビットカードを使っている人からすると、
ポケットWiFiの月額料金支払いにもデビットカードが使えたら便利ですよね。

そこで大手携帯キャリアの回線が通信量無制限で使えることで2019年に大きな注目を
集めた「どんなときもWiFi」でデビットカードが使えるかどうかを詳しく見ていきましょう。

デビットカードとクレジットカードの違い

どんなときもWiFiでデビットカードが使えるか否かの前に、
デビットカードについて簡単に説明しておきます。

買い物などの時に、現金を使わずにカードだけで決済できるという点は
デビットカードとクレジットカードで共通しています。

ただデビットカードを使った場合とクレジットカードを使った場合では、
お金の支払時期と支払先が違います。

まずクレジットカードを使って買い物をした場合は、
クレジットカード会社がカード利用者に代わってお店にお金を支払います。

実際に買い物をした1~2か月後に、
クレジットカード会社からカード利用者に請求書が届き、
カード利用者はクレジットカード会社に買い物した分のお金を支払うことになります。

一方デビットカードで買い物をした場合は、カードを使ったその場でデビットカードと
紐づいている金融機関口座から買い物した分のお金が引き落とされます。

ですから
 ・クレジットカード・・・クレジットカード会社に後払い
 ・デビットカード・・・買い物をしたお店に即時払い
というのがクレジットカードとデビットカードの大きな違いなんですね。

デビットカードは使い過ぎの心配が無い

自分の支払い能力を越えて使ってしまう心配があるのでクレジットカードは
使いたくないという人も多いですが、デビットカードなら使い過ぎる心配がありません。

クレジットカードは後払いですから、その時点で財布あるいは金融機関口座に
お金が入っていなくても買い物ができてしまいます。

しかしデビットカードは即時払いなので、デビットカードと紐づいている金融機関口座に
入っている金額以上の買い物はできなくなっています。

ですから金融機関口座に10,000円しか入っていなければ、
12,000円の商品をデビットカードを使って購入することはできません。

このようにデビットカードには、
クレジットカードのように自分の支払い能力を越えて使ってしまう心配は無いんですね。

月額料金の支払いに対応したデビットカードも増えている

デビットカードは1回払いなので分割払いやリボ払いはできませんし、
システム的に月額料金の支払いには対応していません。

ただこの数年の間で、
月額料金の支払いに対応しているデビットカードも増えてきています。

月額料金の支払いに対応していることを大々的にアピールしているのが、
 ・ジャパンネット銀行デビットカード
 ・楽天銀行デビットカード(JCB)
の2つです。

他にも
 ・三菱UFJ-VISAデビット
 ・セブン銀行デビットカード
 ・住信SBIネット銀行デビットカード
 ・ソニー銀行デビットカード
などが月額料金の支払いに対応しています。

どんなときもWiFiでデビットカードは使えない

月額料金の支払いに対応しているデビットカードを紹介したからには、
どんなときもWiFiでもデビットカードが使えるんじゃないかと期待しますよね。

しかし残念ながら、どんなときもWiFiではデビットカードは使えません。

どんなときもWiFiの公式サイトで支払い方法について説明している項目の注意事項に
 ・海外作成カード
 ・VISAデビット
 ・JCBデビット
 ・au WALLET
 ・その他プリペイドカード
は使えない旨がしっかりと明記されています。

どんなときもWiFiを紹介しているサイトでも、
支払方法としてデビットカードが使えるとしているサイトはほとんどありません。

またTwitterにも
 

 


といった、
どんなときもWiFiでデビットカードが使えないことを嘆いている投稿が見られます。

他のポケットWiFiサービスでは、デビットカードが使えると紹介しているサイトや実際に
デビットカードを使って申し込めたというTwitterの投稿を見かけることもあります。

しかしどんなときもWiFiではそういったサイトや投稿はほとんど見かけないので、
実際にデビットカードを使ってどんなときもWiFiに申し込めた人は居ないことが
分かりますね。

どうしてどんなときもWiFiでデビットカードは使えないの?

どんなときもWiFiでデビットカードが使えないようになっている理由として
考えられるのは「コストの問題」です。

どんなときもWiFiは口座振替に対応しているので、料金滞納があった場合の督促に
かかるコストについてはあまり大きな問題ではありません。

デビットカードに対応するには、デビットカードを発行している金融機関や会社との間で
料金支払いに関するシステムを構築することになります。

デビットカードで月額料金を支払うことはまだ一般的ではないので、デビットカードでの
料金支払いに対応したシステムを構築するにはそれなりにコストがかかります。

どんなときもWiFiでは
できるだけコストを削って安い料金でサービスを提供していますから、
コストのかかるデビットカードには対応していないと考えられるわけです。

またお金の流れ的には口座振替とデビットカードはほとんど同じですから、
口座振替に対応している上に似たようなデビットカードに対応する必要が無い
という考え方もあるかもしれないですね。

MasterCardデビットならワンチャンスある?

どんなときもWiFiの公式サイトに利用できないと記載されているデビットカードは
 ・VISAデビット
 ・JCBデビット
の2種類です。

実は、
日本で発行されているデビットカードにはもう1種類「MasterCardデビット」があります。

公式サイトに記載されている「VISAデビット」と「JCBデビット」は使えませんが、
記載されていないMasterCardデビットならどんなときもWiFiでも使える可能性が
ありそうですよね。

確かに公式サイトに使えないという記載が無い以上は、
MasterCardを使ってどんなときもWiFiに申し込める可能性がゼロではありません。

ただ現状日本で発行されているデビットカードの多くはVISAデビットかJCBデビットで、
MasterCardデビットを発行している会社や金融機関は多くないんですね。

乱暴な言い方ですが、メジャーなVISAデビットやJCBデビットが使えないんですから、
マイナーなMasterCardデビットも使えない可能性が高いと考えられます。

どんなときもWiFiの料金支払方法

どんなときもWiFiで利用できる料金の支払方法は
 ・クレジットカード
 ・口座振替
の2種類です。

個人ではなく法人がどんなときもWiFiを申し込む場合には、
クレジットカードと口座振替に加えて「請求書払い」も選ぶことができます。

どんなときもWiFiの料金支払に使えるクレジットカードの種類は
 ・VISA
 ・JCB
 ・MasterCard
 ・アメリカンエキスプレス(AMEX)
 ・ダイナースクラブ
となっています。(海外で発行されたカードはダメ)

口座振替には、
 ・三井住友銀行
 ・三菱UFJ銀行
 ・りそな銀行
 ・みずほ銀行
 ・埼玉りそな銀行
の都市銀行はもちろん、地方銀行に信用金庫、信用組合、
金融機関としての機能を持つ農協や漁協の口座も使えますよ。
(詳しくはhttp://www.lifecard.co.jp/card_annai/koza/index.html#yuで確認)

クレジットカードと口座振替ではどんなときもWiFiの料金が変わる

どんなときもWiFiでは、
支払方法がクレジットカードか口座振替かで月額料金が変わります。

クレジットカードの場合は
 ・最初の2年間・・・月額3,480円
 ・3年目以降・・・月額3,980円
ですが、口座振替だと
 ・最初の2年間・・・月額3,980円
 ・3年目以降・・・月額4,410円
となります。

支払方法を口座振替にすると、最初の2年間は月500円、3年目以降は月430円
クレジットカードよりも料金が高くなるんですね。

口座振替は、金融機関との間の手続きや残高不足で引き落としができない場合の
督促などクレジットカードに比べて手間とコストがかかります。

その手間やコストがかかる分だけ、
口座振替の料金を高く設定していると考えられるんですね。

口座振替や請求書払いでは手数料も発生する

支払方法を口座振替や請求書払い(法人限定)にした場合には、
月額料金とは別に手数料も発生します。

口座振替では振替手数料として月200円、
請求書払いでは請求書作成手数料として月300円を支払うことになります。

口座振替や請求書払いを選ぶことで
料金が割高になる上に手数料まで発生するとなると、
どんなときもWiFiの大きな魅力の1つである「料金の安さ」が失われてしまいますね。

どんなときもWiFiは2年契約で途中解約では違約金が発生

最近は契約期間の縛りが無い格安SIMやポケットWiFiも増えていますが、
どんなときもWiFiは自動更新の2年契約となっています。

更新月以外の解約では
 ・0~12か月目・・・19,000円
 ・13~24か月目・・・14,000円
 ・26か月目以降・・・9,500円
の違約金が発生します。(25か月目が更新月)

またどんなときもWiFiの端末はレンタルなので、
解約時に端末を返却しないと18,000円の機器損害金も払うことになります。

ですからどんなときもWiFiを利用開始1年以内に解約して端末も返却しないと、
違約金と機器損害金の合計で37,000円も払わないといけないことになるんですね。

ちなみに、
端末本体だけでなく端末が入っていた「箱」も機器損害金の対象となっています。

端末が送られてきた時と同じように、箱に端末を入れて返却しないと
18,000円の機器損害金を請求されてしまうということです。

どんなときもWiFiではサポートオプションへの加入が必須

どんなときもWiFiの端末はレンタルですから、解約時の未返却はもちろん、
契約期間中でも端末の故障・紛失では18,000円の機器損害金が発生します。

スマホほどリスクは高くないものの、
ポケットWiFiも持ち運んで使うものですから故障や紛失のリスクはあります。

なのでどんなときもWiFiを利用する場合には、
「あんしん補償」というサポートオプションに加入する方が良いんですね。

あんしん補償に加入していると、一部損壊や外損、メーカー保証外の自然故障では
無償で新品と交換してもらえます。

水没や全損の場合も無償で交換してもらえますが、
水没・全損では新品ではなく中古品となります。
(程度の良い中古品)

ただし紛失と盗難についてはあんしん補償の対象外ですから、
端末を失くしたり盗まれたりした場合はあんしん補償に加入していても
18,000円の機器損害金を払わないといけません。

サポートオプション加入でどんなときもWiFiの格安感は薄れる

どんなときもWiFiのあんしん補償に加入すると、
月額400円のオプション料金が発生します。

万が一の故障や水没のリスクを考えるとあんしん補償に加入しておくべきですが、
あんしん補償に加入することでどんなときもWiFiの魅力である格安感は
薄れてしまいます。

支払方法をクレジットカードにすると月額3,480円でどんなときもWiFiが
利用できますが、あんしん補償に加入すると月額3,880円となります。

月額3,500円以下で通信量無制限のポケットWiFiはそうそうないものの、
月額3,900円前後で通信量無制限のポケットWiFiはそれほど珍しくありません。

どんなときもWiFiを利用するなら、万が一の故障・水没に備えて、
あんしん補償に加入した方が良いです。

しかしあんしん補償に加入すると、
どんなときもWiFiの魅力の1つである格安感が薄れてしまうのはジレンマですね。

どんなときもWiFiの支払方法は実質的にクレジットカード一択

どんなときもWiFiの料金支払方法は
 ・クレジットカード
 ・口座振替
の2種類で、デビットカードは使えません。
(法人契約なら請求書払いも可能)

一応支払方法が選べるようにはなっているものの、口座振替を選ぶと
どんなときもWiFiの料金が高くなる上に手数料まで発生してしまいます。

どんなときもWiFiを選ぶ理由の1つは「料金の安さ」のはずですから、
どんなときもWiFiを安く使うためには支払方法をクレジットカードにするしか
ないんですね。

-ポケットWiFiの支払方法

Copyright© ネット回線を審査なしで契約 , 2020 All Rights Reserved.